Nu のインストール

Nu を入手して実行するには多くの方法があります。リリースページopen in new window からビルド済みのバイナリーをダウンロードすることもできますし、 あなたの好きなパッケージマネージャーを使うopen in new window ことも、あるいはソースからビルドする方法もあります。

Nushell のメインのバイナリーは nu (Windowsでは nu.exe) という名前です。インストールが済めば、 nu と打って起動することができます。

$ nu
/home/sophiajt/Source>

ビルド済みのバイナリー

Linux、macOS、Windows向けのビルド済み Nu バイナリーはそれぞれのGitHub リリースopen in new windowで提供されています。ダウンロードして、バイナリを解凍して、PATH の場所にそれらをコピーするだけです。

パッケージマネージャー

Nu はいくつかのパッケージマネージャーで入手することができます。

Packaging statusopen in new window

macOS、Linuxでは、 Homebrewopen in new window が人気です (brew install nushell)。

Windowsでは:

クロスプラットフォームのインストールとしては:

  • npmopen in new window (npm install -g nushell この方法でインストールした場合、 Nu プラグインは含まれないことに注意してください)

ソースからビルドする

Nu をソースからビルドすることもできます。まず、 Rust のツールチェインと依存関係をセットアップする必要があります。

コンパイラスイートのインストール

Rust を正しく動作させるためには、互換性のあるコンパイラスイートがシステムにインストールされている必要があります。推奨されるコンパイラスイートは以下のとおりです。

  • Linux: GCC or Clang
  • macOS: Clang (Xcode をインストール)
  • Windows: MSVC (Visual Studioopen in new window または Visual Studio Build Toolsopen in new window をインストール)
    • "C++ によるデスクトップ開発" ワークロードを必ずインストールしてください。
    • どの Visual Studio エディションでも動作します(Community は無料です)。

Rust のインストール

Rust がシステムにまだインストールされていない場合は、rustupopen in new windowを利用して Rust をインストールする方法がベストです。Rustup は、異なる Rust のバージョンのインストールを管理するツールです。

Nu は現在、 最新の stable (1.66.1 or later) バージョンの Rust を必要とします。 rustupで正しい version を選択するのが良い方法です。 最初に"rustup"を実行すると、インストールする Rust のバージョンを尋ねられます。

Current installation options:

default host triple: x86_64-unknown-linux-gnu
default toolchain: stable
profile: default
modify PATH variable: yes

1) Proceed with installation (default)
2) Customize installation
3) Cancel installation

準備ができたら、1 を押してからエンターを押します。

もし、rustupを経由して Rust をインストールしたくない場合、他の方法でもインストールすることができます。(例えば、Linux ディストリビューションのパッケージから)。 その場合でも Rust の 1.66.1 以上のバージョンがインストールされるようにしてください。

依存関係

Debian/Ubuntu

"pkg-config"および"libssl-dev"パッケージをインストールしてください。

apt install pkg-config libssl-dev build-essential

RHEL ベースのディストロ

"libxcb", "openssl-devel"および"libX11-devel"パッケージをインストールする必要があります。

yum install libxcb openssl-devel libX11-devel

macOS

Homebrewopen in new windowを利用して、"openssl"と"cmake"をインストールしてください。

brew install openssl cmake

crates.ioopen in new window を利用してのビルド

Nu はソースの形で、Rust で人気のパッケージレジストリ crates.ioopen in new window にリリースされています。これにより、cargo を使って簡単に最新の Nu リリースをビルド、インストールすることができます。

> cargo install nu

これでおしまいです!cargoは Nu のソースコードとその依存関係をダウンロードしてビルドし、cargoのバイナリーパスにインストールすることで Nu を実行できるようにします。

もし dataframes (EN) サポートをともにインストールしたいなら、 --features=dataframe フラグを使ってインストールすることができます。

> cargo install nu --locked --features=dataframe

GitHub リポジトリからのビルド

GitHub の最新のソースから直接ビルドすることもできます。こうすることで、最新の機能やバグ修正にすぐにアクセスすることができます。まず、リポジトリをクローンします。

> git clone https://github.com/nushell/nushell.git

これで、Nu をビルドして実行できます。

> cd nushell
nushell> cargo build --workspace; cargo run

さらに最適化されたリリースモードで Nu をビルドし実行することもできます。

nushell> cargo build --release --workspace; cargo run --release

Rust に慣れている人は、"run"がデフォルトでビルドを行うのに、なぜ"build"と"run"の両方を行うのか疑問に思うかもしれません。 これは Cargo の新しいdefault-runオプションの欠点を回避し、全てのプラグインがビルドされるようにするためですが、将来的には必要なくなるかもしれません。