# Nuのインストール

今のところNuをインストールするもっともよい方法は、crates.io (opens new window)からインストールするか、ビルド済のバイナリーをリリースページ (opens new window)からダウンロードするか、ソースからビルドすることです。 Dockerを利用してビルド済のコンテナをプルしてくる方法もあります。

# ビルド済みのバイナリー

ビルド済のNuはリリースページ (opens new window)からダウンロードできます。もし、macOSでHomebrew (opens new window) を利用しているなら、brew install nushellを実行して、バイナリーをインストールできます。

# Windows

Note NuはWindows 10で動作しますが、現在のところ7/8.1のサポートはありません。

リリースページ (opens new window)から.zipファイルをダウンロードして、例えば次の箇所に解凍します。

C:\Program Files

そして、nuフォルダをPATHに追加します。これが済めば、nuコマンドでNuを起動できます。

> nu
C:\Users\user>

もし、Windows Terminal (opens new window)を使っているなら、次のようにしてnuをデフォルトシェルに指定できます。

{
  "guid": "{2b372ca1-1ee2-403d-a839-6d63077ad871}",
  "hidden": false,
  "name": "Nu Shell",
  "commandline": "nu.exe"
}

この設定をTerminal Settingsの"profiles"に追加します。そして、"defaultProfile"を次のように変更します。

"defaultProfile": "{2b372ca1-1ee2-403d-a839-6d63077ad871}",

これでnuがWindows Terminalの起動時にロードされます。

# ビルド済のDockerコンテナ

ビルド済のDockerコンテナをプルしたい場合はQuay.io上でnushell organization (opens new window)のためのタグを閲覧できます。 コンテナのプルは以下のように行います。

$ docker pull quay.io/nushell/nu
$ docker pull quay.io/nushell/nu-base

"nu-base"と"nu"のどちらにもバイナリーが含まれますが、nu-baseには/code内にソースコードと全ての依存関係も含まれています。

dockerfiles (opens new window)を利用してローカルにコンテナをビルドすることもできます。 ベースイメージをビルドするには:

$ docker build -f docker/Dockerfile.nu-base -t nushell/nu-base .

そして、小さなコンテナをビルドするには(マルチステージビルドを利用):

$ docker build -f docker/Dockerfile -t nushell/nu .

どちらの方法でも、次のようにコンテナを実行できます:

$ docker run -it nushell/nu-base
$ docker run -it nushell/nu
/> exit

サイズを重要視する場合は、2番目のコンテナのほうが少し小さくなります。

# 事前準備

Nuをインストールする前に、システムに必要なツールがそろっているか確認する必要があります。現在、Rustのツールチェインといくつかの依存関係が必要です。

# コンパイラスイートのインストール

Rustが適切に機能するには、互換性のあるコンパイラスイートがシステムにインストールされている必要があります。推奨されるコンパイラスイートは次のとおりです。

LinuxとmacOSの場合、コンパイラのインストールが完了すれば、rustupでのRustのインストールの準備が整います。

Windowsの場合、Visual Studio Community Editionをインストールするときに、「C ++ビルドツール」をインストールする必要があります。 オプショナルなインストールとして提供されているlink.exeが必要なためです。これで次のステップに進む準備ができました。

# Rustのインストール

Rustがシステムにまだインストールされていない場合は、rustup (opens new window)を利用してRustをインストールする方法がベストです。Rustupは、異なるRustのバージョンのインストールを管理するツールです。

Nuは現在、最新のstable(1.39 or later) バージョンのRustを必要とします。 rustupで正しいversionを選択するのが良い方法です。 最初に"rustup"を実行すると、インストールするRustのバージョンを尋ねられます。

Current installation options:

default host triple: x86_64-unknown-linux-gnu
default toolchain: stable
profile: default
modify PATH variable: yes

1) Proceed with installation (default)
2) Customize installation
3) Cancel installation

準備ができたら、1を押してからエンターを押します。

もし、rustupを経由してRustをインストールしたくない場合、他の方法でもインストールすることができます。(例えば、Linuxディストリビューションのパッケージから) その場合でもRustの1.39以上のバージョンがインストールされるようにしてください。

# 依存関係

# Debian / Ubuntu

"pkg-config"および"libssl-dev"パッケージをインストールしてください。

apt install pkg-config libssl-dev

rawkeyclipboard機能を使用するLinuxユーザーは"libx11-dev"および"libxcb-composite0-dev"パッケージをインストールする必要があります。

apt install libxcb-composite0-dev libx11-dev

# macOS

Homebrew (opens new window)を利用して、"openssl"と"cmake"をインストールしてください。

brew install openssl cmake

# crates.io (opens new window)からのインストール

必要となる依存関係が準備できたら、Rustコンパイラーに付属しているcargoを使って、Nuをインストールできます。

> cargo install nu

これでおしまいです!cargoはNuのソースコードとその依存関係をダウンロードしてビルドし、cargoのバイナリーパスにインストールすることでNuを実行できるようにします。

より多くの機能をインストールするには、次のようにします。

> cargo install nu --features=extra

すべての機能を利用するための最も簡単な方法はNuをチェックアウトして、Rustツールを利用してビルドすることです。

> git clone https://github.com/nushell/nushell.git
> cd nushell
nushell> cargo install --path . --force --features=extra

インストールが完了すると、nuコマンドでNuを実行できます。

$ nu
/home/jonathan/Source>

# ソースからビルド

githubのソースから直接ビルドすることもできます。こうすることで、最新の機能やバグ修正にすぐにアクセスすることができます。

> git clone https://github.com/nushell/nushell.git

Gitでメインのnushellリポジトリをクローンし、Nuをビルドして実行できます。

> cd nushell
nushell> cargo build --workspace --features=extra && cargo run --features=extra

リリースモードでNuをビルドし実行することもできます。

nushell> cargo build --release --workspace --features=extra && cargo run --release --features=extra

# ログインシェルとして設定するには

!!! Nuは開発中なので、日常使いのシェルとしての安定性を欠く可能性があります!!!

chsh (opens new window)コマンドを使用して、ログインシェルを設定できます。 一部のLinuxディストリビューションには/etc/shellsに有効なシェルのリストが記載されており、Nuがホワイトリストに登録されるまで変更ができません。 shellsファイルを更新していない場合は次のようなエラーが表示される場合があります。

chsh: /home/username/.cargo/bin/nu is an invalid shell

Nuバイナリをshellsファイルに追加することにより、許可されたシェルのリストにNuを追加できます。 追加するパスはwhich nuコマンドで見つけることができます。通常は$HOME/.cargo/bin/nuです。